大横綱元千代の富士の死去の報を聞いて

昭和を代表する大横綱だった元千代の富士の九重親方が膵臓がんのため61歳の若さで亡くなりました。私が相撲を見始めたのが、昭和56年の初場所で千代の富士が北の湖を優勝決定戦で下したのをテレビ観戦してからです。この当時小学生だった私は、それ以来大相撲に詳しくなり取組を毎場所欠かさず見るきっかけとなりました。そういった感慨深い思い出もありとても残念に思います。

力士が短命というのは昔から言われてきたことですが大相撲に入ると体を大きくするために食事量は一般人に比べて相当な量になります。お腹いっぱいでも無理やり食べて体を大きくしていくのですが、その無理がたたって後年病気を発症すると言われています。また稽古も相当厳しいので体を相当酷使することになります。千代の富士と同じ時代に活躍した北の湖、隆の里、北天佑、栃光、蔵間も若くして既に鬼籍となっており、千代の富士世代以降の多くの力士も亡くなっているのを見ると大相撲の力士は過酷な環境に置かれているとも言えます。

子供の頃憧れていた力士が亡くなってしまうというのは我々ファンからすれば悲しいものです。謹んでお悔やみ申し上げます。

エマルジョンリムーバー

秋田の灯篭祭りの前中継

夕方のニュースで見ましたが、去年も見たような気がします。無意識に去年のニュースと見比べてしまっていました。灯篭を肩の上に乗っけたり、腰に巻いた帯の上においたりしてバランスをとっていました。そんな風になってるとは知らなくて、去年は灯篭祭りっていうのが秋田で、この時期でとかしかなんとなくしか見ていませんでした。今年の見方が灯篭の乗せ方や歩き方のところを見れたりしていて、ちょっと行く気すらあります。こんなに去年と違うところを見ているとは、と思って、今の自分の目に付けている現状と丸かぶりしていて流石社会だなと思いました。女の人たちの頭って肩幅のことなんて考えていません。肩幅がある男の考え方とは違いますよ。肩幅違うんですよ。言いたいことも見たいところも違うんですね、だからこのこと自体考えたくないってところすら考えさせられる事態ですよ。灯篭祭りは、興味ありますよ、でも本当に行きたいところとかって、もっと他なんですね。10歳くらいの男の子が大人にまじって灯篭を肩に乗せていました。凄いなと思いました。普通に見ると、全く気を抜けてないんです自分。頭が見てるところ違うって思っています。
フルアクレフ

色々な創意工夫を活かした賢い暮らしを送ろう。日々が面白い節約法のエッセンス

色々な創意工夫を活かした賢い暮らしを送ろう。日々が面白い節約法のエッセンス

自宅の電気製品の内でも一番電気代が増えがちな物といえば空調ではないでしょうか。倹約時にもどこから注意した方が良いでしょう。例えば、フィルターをキレイにする、扇風機も活用するといった手段については一般に知られたものでしょう。ネットバンクを使う際のメリットには、手数料が割と低めなところが真っ先に挙がるでしょう。基本的に、振込みする時や時間外手続きでは高い料金が要る事が多いのですが、これに対して営業時間外引き出し費用不要あるいは振り込みの事務手数料無料と言ったサービスがあるところも珍しくありません。毎日生活する上でクルマはどうしても必要という状況では、出来るだけ実費の節約をしたい事でしょう。なにしろ自賠責保険と自動車検査代、加えて税金など、ガソリン以外でも入用になる負担は増すばかりですので、各所の節約方法に対して家族皆が力を合わせてみて下さい。

ライザップ ゴルフ